So-net無料ブログ作成

守屋山 その3 [山]

守屋山西峰を目指します。

守屋山はどんな山かいろいろ調べてみたらこんな記事が載っていました。

 『この山と諏訪湖の間にはご存知諏訪大社が祀られているが、その大社には本殿がない。なぜかといえば、大社の南に聳える守屋山そのものがご神体であり、 昔から観天望気や雨乞い祈願の山としてもあがめられてきた。雨乞いには東峰にある守屋神社奥宮の石祠を谷へ突き落とし、神の怒りをかって雨を降らせるてもらったといういささか乱暴な伝承もある。現在は落とされないように堅固な鉄の柵で守られている。』

 東峰の守屋山神社です。

IMG_5629[1].jpg

 鉄の柵で守られています。

雨乞い祈願はどうするのでしょうか。

祠の前に弓が置かれていました。

この弓で祠を射って神様を怒らせるのでしょうか???。 

IMG_5628[1].jpg

 

 奥宮を後に西峰に向かいます。

秋ですね。 

 

IMG_5630[1].jpg

 

 ブナの大木

IMG_5631[1].jpg

 

 

IMG_5632[1].jpg

 

 落ち葉の稜線。

IMG_5636[1].jpg

 

山ブドウのみがたわわに実っていました。

IMG_5638[1].jpg

 

守屋山西峰到着です。(11:50)三角点が設置されていました。

IMG_5641[1].jpg

 

天気も回復してきて諏訪湖が眼下に見えるようになってきました。 

 八ヶ岳、中央アルプス方面はまだ雲がかかったままでしたが良しとしますか。

IMG_5645[1].jpg

 

 

IMG_5648[1].jpg

 

 ノコンギク

IMG_5647[1].jpg

 

山頂で大休止、昼食タイムです。 

昼食後東峰に戻り杖突峠に向かう。 

IMG_5651[1].jpg
 
IMG_5652[1].jpg
 
3本白樺 
 
IMG_5653[1].jpg
 
 
 
熊笹の中の道が続きます。 
 
IMG_5656[1].jpg
 
 
キャンプ場に到着 
 
IMG_5662[1].jpg
 
バスの待つ 杖突峠に14時40分到着。
 
 
玉宮温泉(望岳の湯)に浸かり登山の疲れを落とす。 
 
温泉から見た守屋山 
 
IMG_5663[1].jpg
 
 
もう1回 守屋山関連の記事が続きます。
 
 
 
 
[黒ハート][揺れるハート][揺れるハート][揺れるハート]最後まで見ていただきありがとうございました。[揺れるハート][揺れるハート][揺れるハート][黒ハート]
 
 
[ドコモ提供]     [ドコモポイント] 
 
 
[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]今日も明日も素敵なことがありますように[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)] 
 
 
 
 
 
 
 

 


タグ:守屋山

守屋山 その2 [山]

守屋山を目指して急登胸突き八丁です。
 
IMG_5614[1].jpg
 
 
 
IMG_5615[1].jpg
 
胸突き八丁ここでは息切坂と言うようです。 
 
IMG_5616[1].jpg
 
熊笹の中の登りです。まだ晴れてはきませんが、登りにはちょうど良いです。 
 
IMG_5618[1].jpg
 
 
 ツタの紅葉
IMG_5620[1].jpg
 
 
IMG_5619[1].jpg
 
 
 
IMG_5622[1].jpg
 
 
 
IMG_5623[1].jpg
 
 
 アキノキリンソウ
IMG_5624[1].jpg
 
守屋山東峰(1631.2m)に到着です。(11:26)
 
IMG_5627[1].jpg
 天気は回復してきません。
続く 
 
 
 
 
[黒ハート][揺れるハート][揺れるハート][揺れるハート]最後まで見ていただきありがとうございました。[揺れるハート][揺れるハート][揺れるハート][黒ハート]
 
 [ドコモ提供]   [ドコモポイント]
 
[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]今日も明日も素敵なことがありますように[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)] 
 
 
 
 
 
 

タグ:守屋山

守屋山 [山]

なかなか一人では山に登る機会がないので、地元の同好会「愛山会」の会員になったが、一度山行してその後膝を痛めて、また山からしばらく遠ざかってしまった。膝も回復してやや不安があったが、今年度愛山会の第5回1泊2日の山行に参加することにした。

1日目は長野県茅野市「車山」、2日目は諏訪市「守屋山」 

10月1日 豊田市を7時貸し切りバスにて出発。総勢29名のグループです。高速道路を諏訪ICで降りてビーナスラインで車山肩まで行く。ここから車山の登山が 始まる。といっても頂上まで約50分の緩い登りのコース、この日はあいにく小雨で周りの景色は霧の中でなにも見えない。 頂上(1925m)に車山神社があり神社の4方に御柱が建っていた。頂上を少し下ったところにある立派な避難小屋で昼食をとる。ここからは白樺湖目指して下る。天候も少し回復して周りの景色も少し見えてきた。白樺湖からバスでホテルに入るメンバーと徒歩でホテルに入るメンバーとに別れる。私はバス組に入った。明日の登山に備えて丁度よいトレーニングでした。

10月2日 守屋山登山  ホテルを7時50分バスにて立石コースの登山口に向かう。今日も快晴とは言えずガスがかかっている。私は今回が初めての守屋山ですがこの会にとっては3年越しの守屋山。過去2回は雨で断念したということです。

私が登ってきた守屋山です。

 守屋山立石コース登山口の駐車場で装備を整え出発(9:15)

立石コース林道入り口 

IMG_5553[1].jpg

 

IMG_5555[1].jpg

 

いよいよ林道から分かれて登山道に入る。(9:27) 

IMG_5560[1].jpg

 

ブナの樹林帯の中の道、どんぐりがたくさん落ちていた。

IMG_5566[1].jpg

 

山椒の実

IMG_5576[1].jpg

 

樹林帯の中の登り、天候は曇り 

IMG_5577[1].jpg

 

 このコースは巨岩、奇岩が所々にありそれぞれに名前が付けられていた。

最初に現れたのは亀石です。

IMG_5579[1].jpg

 

大亀の背に子亀が載っています。

IMG_5580[1].jpg

 

立岩(坊主岩)  

IMG_5585[1].jpg

 

 この実の名前は不明

IMG_5587[1].jpg

 

 蝮草の種

IMG_5589[1].jpg

 

 十文字岩(クラックが十文字に入っています。)

IMG_5590[1].jpg

 

 平成のビーナスの立て札が付いていました。ちょっとピンと来ない。

IMG_5591[1].jpg

 

 夫婦岩(奥の二つの岩)と手前の岩と合わせて親子岩

IMG_5594[1].jpg

 

 ヤマトリカブト

IMG_5599[1].jpg

 

鬼ケ城(昔鬼が住んでいたそうです。)

IMG_5600[1].jpg

 

IMG_5602[1].jpg

 

百畳岩(鬼の見張り台 )(10:00)

IMG_5603[1].jpg

 

 百畳岩の上には松の木がたくましく育っていた。(百畳はありませんでしたが??)

IMG_5607[1].jpg

 

 守屋山東峰を目指してまだまだ登りが続く。

IMG_5611[1].jpg

 

 続く

 

[黒ハート][揺れるハート][揺れるハート][揺れるハート]最後まで見ていただきありがとうございました。[揺れるハート][揺れるハート][揺れるハート][黒ハート]

[ドコモ提供]      [ドコモポイント]

[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]今日も明日も素敵なことがありますように[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

 

 

 

 

 


タグ:守屋山

彼岸花 [町の風景]

今年も豊田市の加茂川沿いに彼岸花が咲きました。
今が見頃です。
 
 
 加茂川にかかる橋の上から下流部を見る
IMG_5539[1].jpg
 
 
橋より上流部の様子 
 
IMG_5540[1].jpg
 
錦鯉が泳いでいます
 
IMG_5543[1].jpg
 
 
 
桜並木の間に咲く彼岸花
 
IMG_5545[1].jpg
 
 
 白の彼岸花がアクセントになっていいですね。
 
 
IMG_5548[1].jpg
 
 
 
 
 
IMG_5550[1].jpg
 
 
 
 
 
 
 
IMG_5541[1].jpg
 
 
 
 
 
IMG_5542[1].jpg
 
 
 
 
 
 
 
 [黒ハート][揺れるハート][揺れるハート][揺れるハート]最後まで見ていただきありがとうございました[揺れるハート][揺れるハート][揺れるハート][黒ハート]
 
[ドコモ提供]     [ドコモポイント]
 
 
[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]今日も明日も素敵なことがありますように[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]
 
 
 
 
   

稲の花 [花]

稲の花

家の近くに田んぼがあります。

私の家でも両親が稲を栽培をしていた頃(もう何十年も前のことです。)手伝いをしていましたが、稲に花が咲くことは知りませんでした。またその当時は興味もありませんでした 。

孫が昨年籾種を学校の事業の一環で持ってきました。

種をまく時期は過ぎていたので、保管をして置き今年種を蒔きました。

芽が出て、鉢に植え替え一月ほどすると2本ほど穂が出てきました。 

ある日の中日新聞に稲の花の記事が載っていました。 

ひょっとしてと思って庭に出て見たら稲の花が咲いていました。

グットタイミングでした。

 

稲の花

IMG_5526[1].jpg
 白い小さな花でした

 


 

 

 

IMG_5529[1].jpg

 2本穂が出て花が咲きました。

 

 

 

IMG_5530[1].jpg

 花瓶に植えたほうは穂が出てきません。もう出てこないかもしれません。

 

 

IMG_5401.JPG

 五月の中旬に皿に水を張り、籾を入れ芽出しを行う。

 

 

IMG_5406.JPG

芽出しをした籾を水盤に田んぼの土を入れて苗床を作り芽の出た籾を植えましたが、アクシデントがあってほとんどなくなってしまいました。 

 

 

IMG_5527[1].jpg

 もう一度稲の花です。

 

[黒ハート][揺れるハート][揺れるハート][揺れるハート]最後まで見ていただきありがとうございました[揺れるハート][揺れるハート][揺れるハート][黒ハート] 

[ドコモ提供]    [ドコモポイント]

[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]今日も明日も素敵なことがありますように [ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

 

 

 

 

 

 


タグ:稲の花

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。